BikeFriday Tikit(折畳み編)
前回の続きです)

d0227635_13264286.jpg

今回は「BikeFriday Tikit」の折畳み性能について書きます




折畳みは非常に簡単で、慣れれば10秒以内に完了できます!
d0227635_13271164.jpg

まず、シートポストを倒します
*何気なくやってますが、Tikitの最も素晴らしいところはココです!
 多くの折畳み自転車はシートポストを「縮めて」小さくしますが、それでは
 毎回ポジションを調整しないといけません
 Tikitはシートポストの高さが常に一定なので調整しなくてもいいんです!


倒したフレームの根元を持ち上げると後輪が(自重で)内向きに畳まれますので、
あとはハンドルポストを畳むだけで・・・・
d0227635_13272783.jpg

こんな感じになります!
d0227635_13272960.jpg

上から見るとこんな感じ
ドロップハンドルなのでその分出っ張ってますが、フラットハンドルタイプならかなり
コンパクトになります

実はTikitにはハイパーホールディングという折畳みを更に早くするオプションが
ありまして、これを搭載したモデルはなんと4秒で畳んだり、開いたりできます 笑

衝撃の動画がコチラ
http://www.youtube.com/watch?v=fQscBxx7wLE&feature=related

また、動画にもあるように畳んだ後にフレームの一部(取っ手があります)を持って
コロコロと転がすこともできます
d0227635_13273472.jpg

これが、輪行のときには最高に便利です!

高級な折畳み自転車といっても重量は10kgほどあり(ママチャリは20kgくらい)、
特に女性が持って歩くにはかなりの体力を消耗します

しかしコロコロ転がせられれば、階段以外は持ち上げる必要がないのです
電車輪行をやってみた方は判ると思いますが、かなりの負担減です

またTikitのトップチューブにある黒い物体は、
d0227635_13273750.jpg

「シャワーキャップ」と言われる「被せるタイプの輪行袋」になっていて開いて
被せればそのまま輪行できるという優れものなのです
(もちろんこのままコロコロもできます)

d0227635_13274630.jpg

ウチではタワータイプのバイクホルダーにこんな感じで保管しています
ハンドルポストとシートポストを畳めるので上から縦に吊っても意外とコンパクトです(^^
[PR]
by takai4114 | 2011-04-21 13:54 | Tikit
<< 京都、大原の夜桜 BikeFriday Tikit >>