日本が生まれ変わるために
「○○は私たちの国の中に人が住めない場所を作ってしまった」
という文の主語に、あなたは何を代入するだろうか?

東京電力?民主党?自民党?原子力業界?日本の硬直化した意思決定システム?
私はこういうべきだと思う。
「私たちは私たちの国の中に人が住めない場所を作ってしまった」


この方のブログからの転用です

全面的に賛成です

いつから日本は評論家の集団になってしまったのでしょう?
みんなどこかで「自分だけは違う、自分だけは被害者」と思ってるんじゃないでしょうか?

きみまろの話を聞いて「わたしだけは違う」と笑ってるおばさんと同じになってませんか?

戦後のドイツもすべてナチスのせいにして臭いものにフタをして平気な顔をしていますが、
本当にそれでいいのでしょうか?





今、日本は東日本全体に被害を及ぼす大地震と
重大な原子力発電所のトラブルという
この国はじまって以来、未曾有の危機に直面しています
影響は計り知れなく、世界の中での日本という国のあり方さえ変わっていくかも知れません

誰もが当事者なのです


とくに原発の問題については、誰にも責任があるのです


判り易く言うと、

母親が交通事故に逢った
母親の代わりに作業した父親がミスをした
今まで小学校低学年のぼくはよく判っていなかったけれど、
ぼくの家は化学工場を経営していて
父親のミスで工場が火災を起こし、さらに化学薬品が漏れ出して
近所住民が避難しなければならないほどの問題になった


ということなんです

自覚がなくても父親の経営する化学工場で稼いだお金で
養ってもらいここまで育ってきたのです
ぼくの中学生のお兄さんは「だから化学工場には反対だったんだ」と言うかもしれません
でもその家で育ててもらったことは事実で、責任から逃れられるわけではありません


交通事故に逢った母親の入院代も必要ですし、社会への保証費用も必要でしょう
工場を立て直すにしても一度失った信頼を取り戻すのは容易なことではないでしょう
当然、家族としてぼくも兄さんも家計を支えていかなければなりません


つまりはこういうことなんです

今は父親を責めても意味がありません
それどころじゃないんです

人は困難に向き合うと常に敵を見つけて攻撃することで己を正当化しようと
してしまいますが、日本国に生まれ育ったぼくらは全員が「当事者」なのです
みんなで協力してこの難局に立ち向かわねばならないのです

自戒の念をこめて書きます

政治にしても、産業にしても、エネルギー問題にしても
今後どうしていくべきか?
誰かに頼ったり、敵を見つけることで「思考停止」してはいけません!

ひとりひとりが真剣に考えていかなければならないと思います
そう、みんなが「自律」しないといけないんです
[PR]
by takai4114 | 2011-03-30 15:34 | その他色々
<< 黄鮒(きぶな) XZ-1のネックストラップ >>