アンパンマン
d0227635_1758348.jpg

今日、twitterで以下のようなツイートを見ました

先日、久しぶりにアンパンマンのシナリオを書きました。原作者のやなせたかし先生は戦場で第二次世界大戦を経験し、大勢の人々が命を落としていくなかで、正義とは何か、長い間考え続けたといいます。そしてたどりついた答えは「正義とは、おなかがすいた人に食べ物をさしだすこと」だと。

脚本家の島田満さんのツイートです


昔、高知県のやなせたかし記念館「アンパンマンミュージアム」に行ったとき、
やなせたかし先生の同様の主旨のことが書いてあるのを読んで
ひとり感動しました(←ひとりで行ったんです 笑)

「正義」を行うことはたやすいことではありません
ときには己が傷つくこともあります
相手を救うことは痛みを伴うものなのです



だからアンパンマンは自分の頭を
  迷子の子供に食べさせるのです!


*初期のアンパンマンの絵本は決して「アンパーーーーンチ!」とかばっかりじゃなかったです 笑


買い占めとかしてる人間たちに聞かせてやりたいです!(==;
困ってる人と分け合う気持ちをアンパンマンに学べと



ぼくもあまりえらそうなことも言えないので、自戒の念をこめて書きました(^^;


最後に、今こそココロに響くと思いますので、
やなせたかし先生が作詞したアンパンマンの主題歌を載せておきます
*「手のひらを太陽に」もやなせたかし先生の作詞です




 そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ 胸の傷がいたんでも

 なんのために 生まれて
 なにをして 生きるのか
 こたえられない なんて
 そんなのは いやだ!

 今を生きる ことで
 熱い こころ 燃える
 だから 君は いくんだ
 ほほえんで

 そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ 胸の傷がいたんでも
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ! みんなの夢 まもるため

 なにが君の しあわせ
 なにをして よろこぶ
 わからないまま おわる
 そんなのは いやだ!

 忘れないで 夢を
 こぼさないで 涙
 だから 君は とぶんだ
 どこまでも

 そうだ おそれないで
 みんなのために
 愛と 勇気だけが ともだちさ
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ! みんなの夢 まもるため

 時は はやく すぎる
 光る 星は 消える
 だから 君は いくんだ
 ほほえんで

 そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ どんな敵が あいてでも
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ! みんなの夢 まもるため

d0227635_190458.jpg


(追記)
やなせたかし先生本人の地震へのメッセージが新聞に載ったようです
「地震と戦うのではなく、自分自身の中にある弱い心をやっつけなさい」
[PR]
by takai4114 | 2011-03-16 17:59 | その他色々
<< つもり募金 東日本大震災チャリティーライド >>