タグ:まんが ( 7 ) タグの人気記事
氷見は良いとこ一度はおいで(後編)
d0227635_1783536.jpg

続いて
商店街の中にある氷見潮風ギャラリーに・・・
ここは藤子不二雄A先生の常設展があります

(続きを読む)
[PR]
by takai4114 | 2011-07-26 17:32 | 旅行
氷見は良いとこ一度はおいで(前編)
d0227635_2141729.jpg

富山旅行3日目
全くのノープランだったのですが、
宇奈月温泉からトロッコ列車に乗るコース

氷見で美味しいお魚を食べるコース
を提案したところ、朝ゆっくりできるという理由で氷見コースになりました

と言っても結果的にはみんな早く目が覚めたらしく
それぞれの部屋で女子ワールドカップ決勝を見ていたのですが 笑

(続きを読む)
[PR]
by takai4114 | 2011-07-22 22:00 | 旅行
ふくやまけいこのメルモちゃん
d0227635_22151914.jpg

今日、偶然本屋で見つけて買いました

(続きを読む)
[PR]
by takai4114 | 2011-06-25 22:20 | その他色々
「ちゃんと描いてますからっ!」
d0227635_23574579.jpg

買ってきました!

大好きな「星里もちる」先生の新刊
だいぶ前から知ってましたが、ようやく単行本がでました!
とても気になってたのでうれしいです

読んでみてようやくタイトルの意味がわかりました 笑


こんなかわいい絵で、線も単純なんですが、お話は
ちゃんとしたヒューマンドラマなんですよね~


気のせいか、お話や人物のどたばたぶりが昔の作品に戻ってる気がします・・・
というワケで古い星里ファンにもオススメの一冊!
[PR]
by takai4114 | 2011-04-23 00:03 | その他色々
箱舟はいっぱい
今こそ読んでいただきたいもの
d0227635_18105641.jpg

藤子F不二雄先生の短編集「箱舟はいっぱい」に収録されている
d0227635_1811111.jpg

単行本のタイトルにもなっている作品「箱舟はいっぱい」

あらすじは以下、
今から3年前、カレー彗星(ハレー彗星がモデル)が地球に接近し、3年後である今月末には地球に衝突して人類の終焉が訪れるという騒ぎになった。だが、世界天文文学会議が公式に衝突を否定した事で騒ぎは治まった。しかし、実は公式否定の方が嘘で、各国政府が地球脱出用のジャンボロケットを用意し「ノア機構」に一部の人間だけをロケットに載せるように手配していた事が発覚する。

1974年、今から37年前に描かれた短編読みきり作品ですが、
現在の日本の状況を風刺したのではないか?というほど鋭い内容になっています

色んな立場で色んな見方ができる作品です

地震の問題にも
原発の問題にも
買占めの問題にも

(ネタバレでもいい人は続きをどうぞ)
[PR]
by takai4114 | 2011-03-29 19:44 | その他色々
アンパンマン
d0227635_1758348.jpg

今日、twitterで以下のようなツイートを見ました

先日、久しぶりにアンパンマンのシナリオを書きました。原作者のやなせたかし先生は戦場で第二次世界大戦を経験し、大勢の人々が命を落としていくなかで、正義とは何か、長い間考え続けたといいます。そしてたどりついた答えは「正義とは、おなかがすいた人に食べ物をさしだすこと」だと。

脚本家の島田満さんのツイートです


昔、高知県のやなせたかし記念館「アンパンマンミュージアム」に行ったとき、
やなせたかし先生の同様の主旨のことが書いてあるのを読んで
ひとり感動しました(←ひとりで行ったんです 笑)

「正義」を行うことはたやすいことではありません
ときには己が傷つくこともあります
相手を救うことは痛みを伴うものなのです



だからアンパンマンは自分の頭を
  迷子の子供に食べさせるのです!


*初期のアンパンマンの絵本は決して「アンパーーーーンチ!」とかばっかりじゃなかったです 笑


買い占めとかしてる人間たちに聞かせてやりたいです!(==;
困ってる人と分け合う気持ちをアンパンマンに学べと



ぼくもあまりえらそうなことも言えないので、自戒の念をこめて書きました(^^;


最後に、今こそココロに響くと思いますので、
やなせたかし先生が作詞したアンパンマンの主題歌を載せておきます
*「手のひらを太陽に」もやなせたかし先生の作詞です


(続きを読む)
[PR]
by takai4114 | 2011-03-16 17:59 | その他色々
藤子F不二雄
d0227635_13425042.jpg

昨晩、NHKBS、プレミアム8という番組で
藤子F不二雄先生をやっていました

F先生は、ぼくがもっとも尊敬する漫画家です

番組の内容は、
「ドラえもん」「パーマン」「キテレツ大百科」……。世代を超えて多くの人々に愛される漫画を描いた藤子・F・不二雄。しかしその素顔はあまり知られていない。生前の氏とともに仕事をした人、妻と家族、メディア評論家などの回想と作品の解読、再評価によって、あらためて稀代の漫画家の素顔とその仕事を明らかにしていく。

というもの・・・

(続きを読む)
[PR]
by takai4114 | 2011-03-11 13:36 | その他色々