ルノーウインドを見てきました
d0227635_1363198.jpg

ひょっとしたらあるかも?と思い
ルノー京都CADONOに行ったらありましたよ
販売開始前のルノーウインドです!



d0227635_1365134.jpg

運転席はこんな感じ
パネル中央下に屋根の開閉スイッチがあります
中央にあるハザードボタンの脇の網々はスピーカーのようにも見えますが、
実は送風口でした 笑

左ハンドルのMTのみです
左ハンドルといってもこのサイズならあまり気になりません

同じ左ハンドルMTのトゥインゴゴルディーニに試乗してきましたが、
左ハンドルであるマイナス要素は殆どなし、
むしろ路上駐車の多い京都市内なら左ハンドルの方が有利かも 笑

d0227635_1313769.jpg

屋根はこんな感じで開閉します
開閉時間わずか12秒
206CCから始まるプジョーのメタルトップ群
同じルノーのメガーヌCCなどが24秒かかるのですからおよそ半分です!
*マツダのロードスターのメタルトップも実は12秒で開閉できるのですが、あまり知られてませんね・・・

ちなみに屋根は金属ではなくFRPとのこと
こういうところで軽量化してるんですね(ロードスターも確かFRP)

d0227635_137696.jpg

畳んだ屋根はトランクのフタにこのように収納されます
*写真はトランクを開けて横から撮影したところ
d0227635_1371253.jpg

開閉機構の軸はこんな感じ
ベルトでくるくる回して開閉するらしいです
d0227635_1371758.jpg

トランクの中はこんな形状
ボディ補強用のパイプがど~~~~~んって感じですね
走りを諦めていないのがよく判ります 笑
走ると「残念な感じ(笑)」の206ccとは違います
ちなみにトランク容量は270L
自転車は絶望的ですが、2人分の旅行荷物、キャンプ道具もコンパクトにすれば
十分入ります

*オープンカーとしてはかなり大きいです
広い方の206ccでオープン時180Lクローズ時400L
NCロードスターでオープンクローズともに150L
カプチーノはほぼ0L
コペンで14L
Z4で240L

どちらかと言えばトランクに折り畳み自転車を積めた206ccが異常だったと思います 笑

d0227635_1382114.jpg

屋根を開けても後ろの窓の部分はこのように残ります
ここは無塗装です
通常はマイナスポイントでしょうが、無塗装樹脂パーツ好きなぼくにはプラスポイントです 笑
d0227635_1382817.jpg

窓ガラスもわざわざ湾曲させています
無駄に凝ったデザイン 笑
d0227635_1383816.jpg

リアのこのあたりのデザインはかなりカッコイイと思います
フロントは正直キライですが・・・(^^;

d0227635_1384884.jpg

メーター周りはこのように凝ったデザイン
オープンカー専用設計なのでスペシャルな感じがしていいですね
d0227635_1385175.jpg

意外と素晴らしいところはフロント方向の開放感です
運転席に座って頭からAピラーまでの距離が206ccの倍以上あります!
これはオープンカーにとってかなり大事な数字です
開放感が全く違いますのでこれは是非実際に座ってみることをオススメします
*サンバイザーがものすごく貧弱なのも笑えますのでそちらも是非(^^

但しマイナス要素もあります
206ccと比較するとドアが高くバスタブに入ってるような印象です
せっかく前方向の開放感があるのに残念です
走ったらそんなに気にならないかもしれませんが・・・

d0227635_139769.jpg

未登録なので試乗はできませんでしたが、パワートレーンやシャシーが同じで
重量が70kg違うだけのトゥインゴゴルディーニに試乗したところ非常に運転して
楽しいクルマでした!

気になるお値段は255万円とのこと
スポーツタイプの柔らかい方のスポールシャシーでこのお値段ですから
かなりお買い得感はあると思います
207ccは299万円もしますから・・・・(^^;

総合的に見て、デザインさえ気に入れば「買い」の一台だと思います

d0227635_139971.jpg

現行プジョーのデザインが非常に残念な感じなので悩んでる206ccオーナーには
非常に気になるクルマだと思います
かなり詳しくいろいろ質問して長居してしまいました(^^;

ボディカラーは4色
・ブルーマジョレル(写真の水色)
・グリアルティカ(トゥインゴRSにあったグレーっぽい色)
・ブラングラシエ(白)
・ルージュディナ(メガーヌ3にもあるワインレッド)

黒がなかったのは意外ですが、おそらく限定車ででるんじゃないかと・・・



で、ここでオススメ情報

d0227635_1391262.jpg

発売と同時には販売される「ウィンドコレクション」(30台の限定車)
コレ、すごいオススメです!
価格が13万円しか差がないのに装備の差がすごいです

以下、専用装備
・電動回転格納式ブラックメタル調ハードトップ
・ウインドコレクション専用バッジ
・デカール(ボディサイド、リア)
クロムドアミラー
・ルーフカバークロムカウル
・シリアルナンバー入りプレート
・スポーツスタイルブラックレザーシート
・シートヒーター
・レッドクリアメーターフード
・ブラック×レッドドアストラップ
・レッドトリミングフロアマット
・USB端子
・17インチアロイホイール

レザーシートとシートヒーター付くだけでも価値あると思いません?
(標準はファブリックシートです)
買うなら絶対こっちですね♪
[PR]
by takai4114 | 2011-07-04 13:49 | その他クルマ
<< 上賀茂神社周辺散歩 弐号機購入 >>